宮崎市平和台公園の平和の塔やアスレチック情報|駐車場・アクセス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約17分で読めます。

こんにちわ。

今回は、宮崎市を代表する有名観光スポットである宮崎市平和台公園をご紹介していきたいと思います。

広大な面積の森林に囲まれ、自然を感じることの出来る平和台公園で優雅に森林浴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

地点別に子供連れで楽しむことの出来る遊具が備えてある公園もあり、休日にはもってこいの観光スポットであると思います。

それではご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮崎市平和台公園の見どころ

一番の見どころは「平和の塔」

平和台公園には1番の見所となる『平和の塔』がそびえ立ち、宮崎市内からも塔を眺めることができます。

昭和15年に紀元2600年を記念して建てられた平和の塔は(当時名称:八紘一宇の塔はっこういちうのとう)高さが37mあり建造当時には日本一の高さを誇りました。

神事にて使われる神籬ひもろぎをモチーフにして建てられ、宮崎を代表する歴史の詰まった都市公園です。

そんな歴史の詰まった標高60mの兵陵地に造られた広大な公園は、森林に囲まれた散歩コースで自然を感じながら森林浴を楽しむ事ができるのも魅力のひとつでもあります。


はにわ園をはじめレストラン施設、運動施設、子供連れで楽しめるアスレチック広場など沢山の施設があり観光客や地元利用者の注目スポットとなっております。

>>平和台の塔についてくわしく見てみる

様々な種類の遊具があるアスレチック広場

広大な自然と触れ合いながら、広い敷地で思いきり体を動かすことができ、各広場には『公衆トイレ』『自動販売機』も設置してあるためいつでも安心して遊ばせることができます。

第1駐車場から、はにわ園を抜けた先にある『こども広場』。
第3駐車場から道なりに進んできた場所にある『児童広場』『アスレチック広場』。

散歩も視野に入れているのであれば問題ありませんが、山道を歩いて行き距離もあるためにアスレチックなどの遊具で遊ぶ目的なのであれば各広場に近い駐車場の御利用をお勧めします。

第1駐車場からアスレチック広場までの距離はおよそ500メートル程。
第2駐車場からアスレチック広場までの距離はおよそ750メートル程です。

>>アスレチック広場についてくわしく見てみる

様々な表情を持つ、はにわ園のはにわ達


(はにわ園:踊る女)

平和台公園を観光するにあたってもう一つの見所であるはにわ園。
400基ものはにわが園内に並んでおり、どこかジブリの世界に来たかのような気持ちになります。

複製品ではありますが日本の各地で発掘されたはにわをそのままの形で複製しており古代の人達の生活風景などを表現したものとなっています。

踊る女、琴を弾く男、馬(飾り馬)などはよく見かけるはにわ達なのではないでしょうか。

>>はにわ園についてくわしく見てみる

スポンサーリンク

アスレチック広場

涼しさが感じられる空間の広場


(第1駐車場側:こども広場)
『自動販売機、公衆トイレあり』

上記写真のこども広場では、森林に囲まれた広場に簡易的な遊具があり主に
すべり台』『ブランコ』またがって遊べる『動物の遊具』などが設置されています。

第1駐車場から近い位置にあるため、平和の塔やはにわ園を訪れた際にすぐ寄れる簡易的な遊び場になっております。

第2駐車場からお越しの場合でもそう遠くはなく、散歩コース沿いにあるため休憩場所としてもいい場所ではないかと思います。

スポンサーリンク

思いきり楽しめる広大なアスレチック広場


(第3駐車場側:アスレチック広場)
『自動販売機、公衆トイレあり』

第3駐車場側にある『アスレチック広場』は 主に重機遊具が設置されており、『トンネル』『すべり台』など多目的に遊ぶことのできる一体型の物からはじめ『ターザンロープ』『ハンモック式のブランコ』『ブランコ』など様々な遊具が取り揃えられています。

標高60メートルの敷地に広がる広大な広場は快晴時には気分も爽快に快適に自然と触れ合いながら遊ぶことができます。

休日には、家族連れで賑わいを見せる広場でもありレジャーシートを広げお弁当を食べる家族達の姿もよく見受けられます。

人気のコンビネーション遊具とターザンロープ


(多目的に遊ぶ事のできるコンビネーション遊具)


(爽快に風を感じられるターザンロープ)

あらゆる場所から入り込んで多目的に遊ぶ事のできる遊具は子供達の絶好の遊び場です。

コンビネーション遊具はすべり台も幅が広く作ってあり子供であれば2、3人同時に滑る事も可能です。

すべり台に辿り着くまでにロッククライミングを思わせるトンネル遊具を登って行ったりと(途中にハンモック状の足場あり。)冒険心もあり、元気いっぱいに楽しめるメインの遊具ではないかと思います。

コンビネーション遊具に引けを取らないほど人気の遊具はやはり『ターザンロープ』ではないでしょうか。
順番待ちの列ができるほどの人気遊具で、ロープにまたがり丘の上から爽快に滑走し親子で遊ぶ姿もよく見かけます。

小さい子供にも安心な遊具


(吊り下げ遊具とハンモックブランコ)

小さい子供も安全に遊ぶ事のできる遊具も豊富にあります。

低めにも作ってある吊り下げ遊具は、3点に球体が施してあり座ったり足をかけて掴まったりと小さい子供も安全に楽しむことのできる遊具で幅広く遊ぶことができます。

ハンモックブランコは円形に作られているため子供達どうしが向かい合いながら乗ることができ数人数で楽しむことのできる珍しいタイプのブランコです。

宮崎市の公園ではなかなかお目にかかれない遊具ではないでしょうか。

ゆったりと遊べる児童広場


(第3駐車場側:児童広場)

元気いっぱいに遊ぶことのできるアスレチック広場のほかにゆったりと遊ばせたい方へ児童広場もあります。

すべり台』と『ブランコ』のあるシンプルな公園になっており、屋根付きのベンチテーブルも設置してあるためゆったりと子供をみながら遊ばせることができます。

その他遊具

人工草スキー場


(アスレチック広場奥にある大すべり台)

アスレチック広場の他にも壮大な人気を誇る、『人工草スキー場(大すべり台)』があります。
長さ32メートルを一気に滑り降りる爽快感はついつい癖になってしまいますね。

子供から大人まで大いに楽しむことのできるエリアでもあり個人的にもお勧めのスポットです。

滑る際のソリなどの貸し出しはなく個人で持参する必要がありますが、厚みが薄すぎるとお尻が熱くなるかもしれませんがキチンと持ち帰るのであれば不要になったダンボールでも十分に代用はできます。

雨天時には安全のためフェンスが閉まり全面閉鎖されるので天気の良い日に楽しんでみてはいかがでしょうか。

球技など幅広く楽しめる運動広場


(第3駐車場側:運動広場)

広い敷地に設けてある運動広場はバックネットもあり野球はもちろんのことゲートボール、グランドゴルフなど様々なスポーツを楽しむことができ幅広い年代の利用者がいます。

野球をして楽しむにしても十分に広さがあるため通常通りバッティングを行っても全く問題ないくらいです。

休日だけならず平日でも運動を楽しむ人たちで賑わいを見せるこのエリアは、たくさんの方々の交流の場となっているのではないのでしょうか。

 

充実した広場


(運動広場向かい側:運動スペース)

運動広場向かいにも運動スペースがあり、こちらでも多目的に楽しむことができます。

このように地点別で様々な広場があり、例え利用者が多くても遊ぶ場所がないといった事態は滅多にないのではないかと思われます。

バドミントンや凧上げを楽しんだり、親子で自転車の練習をしたりとそんな光景を見ていると気持ちがほっこりしてきます。

平和の塔を見るだけでは勿体ないくらいの要素がたっぷりと詰まった都市公園ですので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

平和の塔について

平和の塔中心部に彫られた『八紘一宇』。

平和の塔正面には『八紘一宇はっこういちう』と刻まれており、世界平和を願った言葉でもあり昭和天皇の弟にあたる『秩父雍仁親王』が揮毫したものといわれております。

しかし、第二次世界大戦終戦後にGHQの命令によって削り取られてしまい、現在では名誉も回復したことから改めて『八紘一宇』の文字が刻み直されています。

それ以来、塔の正式名称を『平和の塔』と改名され現在に至ります。

平和の塔正面入口の青銅製扉のレリーフ。


古事記日本書紀に記された諸物を物語のように描いたデザインが描かれており、神武天皇が日向の美々津より御船出をした時の様子が確認できます。

古事記にて「何れの処にいまさば、平らけく天の下の政を聞こしめさむ。なお東に行かむと思ふとのりたまひて、即ち日向より発ちて筑紫に」と記されております。

扉の上部には歴史ある神器である『八尺瓊勾玉やさかにのまがたま』『八咫鏡やたのかがみ』『草那芸之大刀くさなぎのたち』も描かれております。

平和の塔四つ角に立つ四魂の像。

人の心を表現した四体の四魂はそれぞれ『勇』『親』『愛』『智』の意味をもち、これらが混じり合うことで人のあるべき姿になると言われております。

荒魂あらみたま和魂にぎみたま幸魂さちみたま奇魂くしみたまの四体がありそれぞれの機能を持ちます。

『勇』は荒魂の機能であり、前へと進む力。
勇猛に前へ進むだけではなく、耐え忍びながらコツコツとやっていく力でもあり行動力があって外交的な人は荒魂が強いとされている。

『親』は和魂の機能であり、親しみ交わるという力。
平和や調和を望み親和力の強い人は和魂が強いとされている。

『愛』は幸魂の機能であり、人を愛し育てる力。
思いやりや感情を大切にし、相互理解を計ろうとする人は幸魂が強いとされている。

『智』は奇魂の機能であり、観察力、分析力、理解力などから構成されている知性。
真理を求めて研究する人は奇魂が強いとされている。

力強くて勇ましい四体の四魂の像は間近で見ることができるので四つの機能を感じながらご覧になってみてはいかがでしょうか。

塔と反響する八角形の踏み石。

塔を正面に、八角形の踏み石があります。

これは、踏み石の上に立ち塔に向かって手を叩くと塔に跳ね返った音が『ピンッピンッ』と返ってきます。

神秘的な経験にもなるかと思いますので訪れた際には是非試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

はにわ園


(はにわ園:400基ものはにわ達)

はにわ園内に設置されている400基ものはにわ達は、日本各地の古墳で発掘されたものを女性のはにわ作家の方がそのままの形で復元されています。

その方が宮崎県に作品を寄贈し、神話溢れる平和台公園へと保存しました。

時間帯によって様々な表情を伺えることができるはにわ達ですが、古代の人々の風習や地位、生活なども感じ取れることができます。


(はにわ園:琴を弾く男)
琴を弾く男

髪は肩までたらした美豆良みずら、首飾りをつけ、腰かけた膝に琴を乗せ籠手こてをつけた両手で琴を弾く盛装の男子です。
儀礼の中で琴を弾くことは身分の高い人の役割であったとされています。

 


(はにわ園:馬「飾り馬」)
飾り馬とは

馬形のはにわには飾り馬があり、くらを乗せくつわの両端に鏡板、胸や尻の帯に鈴や杏葉などの飾金具をつけて美しく飾ったものがありこれを飾り馬といいます。

権威の象徴として、儀礼の場に引き出されたとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

展望台で自然を眺める

第1展望台

運動広場から森の方へ抜け、上へと上がっていく階段を200メートル程登っていくと第1展望台が見えてきます。
どの駐車場からも行く事は可能ですが、第3駐車場から目指した方が距離も短く最短ルートで向かうことができます。

森林に囲まれ涼しげな山道を鳥の囀りを聴きながら登って行くわけですが、階段が続くため結構な体力を奪われます。慣れている方であれば問題ないと思いますが、展望台へと到着した時の達成感は気持ちが良いものです。


(第1展望台より:宮崎市内が一望できる)

このように、第1展望台からは周りを360度見渡すことができます。

到着までの道のりは体力が奪われ疲れ果てましたがそんな事も吹き飛ぶくらいの達成感を感じることができ、宮崎市内をバックに平和の塔も見え、シェラトンシーガイアリゾートも見ることができます。

広大な平和台公園の頂上なだけあり、日向灘を眺め風も気持ちよく心が洗われます。

第2展望台


(第2展望台:外観)

人工草スキー場の後方にある第2展望台からは、子供達が無邪気に遊ぶ人工草スキー場アスレチック広場を眺めることができます。

お花見どきには桜も満開に咲き、絶景のお花見スポットにもなります。

第1展望台へと向かう道中で寄ることも可能なため各展望台を周ってみるのもいいかと思います。

 


(現在、立入禁止されている第2展望台)

第2展望台ですが、現在足場が悪くロープが張られ立ち入りが禁止されているようです。

劣化や災害の影響かは分かりませんが、せっかくの見渡しの良い展望台ですので一刻も早く復活してほしいと願うばかりです。

ホタルが見れるスポット

はにわ園を抜けた先にある『せせらぎ水路』では、5月になるとゲンジボタルやヒメボタルを鑑賞することができます。

神秘的な地で幻想的なホタルを鑑賞するにはお勧めのスポットであります。
近くのはにわ園と幻想的なホタル、これはもう完全にジブリの世界にいるかのような体験ができる場所ではないでしょうか。

せせらぎ水路以外でもホタル達を鑑賞できるスポットがあり、第3駐車場から入ってきた場所の運動広場向かい側にある『沈床広場』といった場所があります。

この場所にも生息していますが、幻想的な体験のできる『せせらぎ水路』での鑑賞をお勧めします。

公園内のレストラン

オーガニックレストラン sizen

第1駐車場横のレストハウス内にある有機、無農薬にこだわったオーガニックレストランです。

宮崎県内の生産者達が愛情たっぷり育てた食材をこだわりの料理で提供しています。

また、使用している調味料にもこだわっており、すべて手作りである20種類もの健康的な料理、15種類のドリンクをお腹いっぱいに堪能できるビッフェスタイルを採用しています。

パスタをはじめピザやガレットなど様々の種類豊富なレストランで平和の塔を眺めながらお食事してみてはいかがでしょうか。

このお店の情報

店名オーガニックレストラン sizen(公式HP
予約・お問い合わせ0985−31-3693
住所宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫6146 平和台公園レストハウス1階
営業時間11:00~15:30(入店14:30)
17:30~21:00(入店20:00)
※ディナーは金/土/日/祝日限定で営業
定休日月曜、火曜(祝日の場合は営業)
料金ランチビュッフェ(入店14:30まで)
シルバー1,390円 / 大人1,590円 / 4歳以上~小学生990円

ディナービュッフェ(入店20:00まで) ※金 /土 /日 /祝限定
シルバー1,390円 / 大人1,590円 / 4歳以上~小学生990円

グルメサイトを確認する食べログを確認する

ひむか村の宝箱

第1駐車場横のレストハウス内にある、カフェ&雑貨の並ぶお店です。

オーガニックにこだわったドリンクやデザート、無農薬野菜を中心としたランチメニューも豊富にあります。
竹の皮製のお弁当箱を使ったおにぎり弁当なども低価格で販売しており、ソフトクリームも絶品です。

宮崎県内在住の工芸作家さんの作品や宮崎にゆかりのある書籍、オーガニックな食品も多数取り揃えており色んな商品を見ながら楽しめるカフェとなっております。

このお店の情報

店名ひむか村の宝箱(公式HP
予約・お問い合わせ0985−31−1244
住所宮崎県宮崎市下北方町越ヶ迫6146 平和台公園レストハウス横
営業時間10:00~17:00
定休日月曜日
グルメサイトを確認する食べログを確認する

懐かしみのあるホットドック屋さん

第1駐車場内にバス型の車でお店を構えているおばちゃんがいます。

ほんとに気さくで優しさ溢れるおばちゃんですが、かれこれ40年近くもお店をやっているそうです。
ホットドックをはじめ、やきいかやとうもろこしなど色々なメニューがありますがメインである『ホットドック』は普段口にする物とは違い絶品です。

250円という価格で販売していますが、材料の値上がりもあったためにこの価格では苦しくなってきたとおっしゃっていました。

それでも今までと変わらない値段で優しくて、美味しいホットドックを作ってくれる気さくなおばちゃんにはこれからもずっと元気でいて欲しいものです。

訪れた際には是非食べてみてはいかがでしょうか。


(おばちゃんの作る絶品ホットドック)

パンをカリッと焼き上げ、中はモチモチなパンの中にはコールスローがたっぷりと入っておりソーセージではなくハムが挟んであります。

定番のホットドックの概念を覆されるほどのどこか懐かしみのある絶品ホットドックは宮崎ではここだけなのではないでしょうか。

一つ食べれば十分にお腹いっぱいになるボリュームでお勧めです。

スポンサーリンク

お花見スポット

平和台公園には、ソメイヨシノオオシマザクラヤマザクラヨウコウザクラなどの品種のサクラの木があります。

火気の使用はできませんが、3月から4月にかけて平和の塔前の広場やアスレチック広場などでお花見ができます。
平和の塔をバックに咲き誇るサクラの迫力ある風景に非常に癒されます。

アスレチック広場では、子供を遊ばせながらお花見をする家族で溢れており賑やかな光景が伺えます。

状況にもよりますが、ダイナミックにお花見を楽しみたいのであれば平和の塔周辺にポジションを置くことをお勧めします。

駐車場・アクセス情報

営業時間収容台数
第一駐車場5:00〜22:00普通車 45台
大型車 6台
第二駐車場8:30〜17:00普通車 120台
大型車 25台
第三駐車場5:00〜22:00普通車 100台

広大な敷地であるため、全て歩いて観光する方には関係ありませんが目的場所によっての駐車場のご利用をお勧めします。

平和の塔の観光のみの方は、第1、第2駐車場の利用。

アスレチック広場、運動広場のご利用の方は第3駐車場の利用。

平和台公園周辺のランチおすすめ店

ラーメンマン

こってり好きには堪らない絶品宮崎濃厚豚骨ラーメン。

宮崎では珍しく、朝6:00から開店しており6:00〜11:00まではあっさり豚骨をメインに『朝ラー』をやっています。

朝からの麺類ではうどんをイメージしますがその概念を覆す朝からのラーメンは新感覚です。

朝ラー以降は、人気メニューである『こってり豚骨ラーメン』が登場しお昼過ぎにはスープがなくなり終了ということも度々あります。

メニューも豊富で、生卵に潜らせて食べるスタイルの魚介の風味が味わい深い『中華そば』や宮崎地鶏を使っている『塩ラーメン』も魅力的です。

宮崎では言わずと知れた名店なので行かれてみてはいかがでしょうか。

このお店の情報

店名ラーメンマン (拉麺男)
予約・お問い合わせ0985-27-7277
住所宮崎県宮崎市村角町坪平1221-1
営業時間6:00~23:00
日曜営業
定休日不定休
グルメサイトを確認する食べログを確認する

Cafe 茉莉花

気持ちが落ち着く雰囲気のお洒落な古民家カフェ。

昭和40年に建てられた古民家を自力でリフォームしており温かみの溢れる店内で『まつりかランチ』をはじめ『期間限定ランチ』『和ランチ』や『洋ランチ』など全てに前菜とデザートとドリンクの付いた豊富なメニューのあるお洒落な人気カフェです。

ランチとディナーで分かれており、それぞれメニューの内容が変わっておりグリーンカレーなどエスニック系の料理が美味しく楽しめます。

人気店なため、ごはん時には混雑するかもしれませんが予約もできるので是非行かれてみてはいかがでしょうか。

このお店の情報

店名Cafe 茉莉花
予約・お問い合わせ0985−26−4409
住所宮崎市大橋1丁目208
営業時間[月~金]11:30〜22:30
[月~金・土・日]18:00〜22:30
[土・日]11:30〜15:00
日曜日は17:00閉店
定休日不定休
グルメサイトを確認する食べログを確認する

SUN CAFE

キッズスペースも完備したくつろげるお洒落なハンモックカフェ。

店内には様々な種類のハンモックがあり、靴を脱いで入るフローリングの店内は衛生的でもあり落ち着く雰囲気のカフェです。

アメニティも豊富に揃えられており、人気のパンケーキはいろんな種類がありどれもお腹いっぱいになって絶品です。

サラダ、スープのついた『日替わりランチプレート』もあり自家製レモンシロップを使用した特製はちみつレモンもお勧めです。

価格もリーズナブルなのでハンモックカフェでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

このお店の情報

店名SUN CAFE
予約・お問い合わせ0985-26-4409
住所宮崎市上北方117−1
営業時間11:30〜21:00(ラストオーダー:20:30)
定休日月曜日
グルメサイトを確認する食べログを確認する
スポンサーリンク

まとめ

以上、魅力の溢れる平和台公園をご紹介しました。

宮崎県で唯一の広大な都市公園であり、歴史の詰まった平和の塔やはにわ園をご覧いただけたかと思います。
自然と触れ合いながら遊ぶことのできるアスレチック広場は子供が喜ぶこと間違いなしですね!

神秘的な世界観を休日の息抜きや、観光で来られた際には是非とも感じてみてください。

長くなりましたが最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光地
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
Yabukiiiii.net

コメント