サイクリングで脚痩せを目指す。美脚作り!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

サイクリングで脚が太くなるといった件。

サイクリングを始めてから、脚痩せどころか筋肉が付いて逆に太くなった。

といった経験をされた方いらっしゃるのではないでしょうか?

あくまでも、ダイエットを目的とした有酸素運動ですのでそれを意識した正しいやり方で行うようにしましょう。

勿論、がむしゃらに自転車を漕いでいては無酸素運動となり筋肉が付いてきます。

程良く筋肉を付けるのはいい事ですが、それをやり過ぎてしまった場合には脚の筋肉トレーニングみたいな事になり筋肉が付き過ぎてしまうといった現象が、

 

サイクリングで逆に脚が太くなった。です。

 

例を挙げるとすれば競輪選手でしょうか

競輪選手は太ももを鍛え、日々トレーニングに励んでいます。

無酸素運動を行えば、筋肉はどんどん成長し脚も太くなっていきます。

相当なトレーニングを積まないとあそこまで太くはなりませんが、自転車で無酸素運動をするという事はつまりはそうゆう事です。

よって、がむしゃらに漕がず普通に自転車に乗っているだけでは脚が太くなる事はありません。

有酸素運動を行い効率良く脚痩せをしていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイクリングは有酸素運動にて行う

ここで気をつけて頂きたいのが、あくまで有酸素運動にてサイクリングを行うということ。

有酸素運動については 有酸素運動の効果のあるやりかた

にて簡単に説明しております。

ポイントとして、有酸素運動運動なので時間をかけてゆっくりと取り組むことが大前提なのですがサドルの高さも関係してきます。

サドルの高さが低すぎると太ももに負荷がかかり過ぎてしまい無酸素運動状態になってしまいます。

低い場合と高い場合では力の入り方が違うのは分かると思います。それを意識していただきたいのです。

簡単に言えば、サドルが低すぎると腰を落として歩いているといった感じですね。

これでは思うように有酸素運動に取り組む事が出来ません。

よって、サドルを高くすることで太ももに負荷をかけすぎず、楽に自転車を漕げるようになるという訳です。

どれ程の高さで行うべきかというと、自転車にまたがってつま先が地面に着くか着かないかぐらいの程度で行えばいいかと思います。

これで楽にサイクリングできるようになります。

漕ぐ時のひと工夫

自転車を漕ぐ時、ひと工夫することによって更にシェイプアップ効果を得る事ができます。

それは、足の親指付近を使ってペダルを漕ぐことです。

足のヒラや土踏まずでペダルを漕ぐ事よりも、親指付近で漕いだ方が内ももの引き締め効果も期待でき、脚痩せにプラスアルファできる引き締め効果を得る事ができます。

どうせサイクリングで脚痩せを目指すならここまで意識してみましょう。

サドルが低く、土踏まずなど足のヒラで漕ぐ事が競輪選手みたいに脚が太くなる事の主な原因です。

上記の2点を意識して取り組めばサイクリングで脚が太くなるといった事はまずありえません。

サイクリングとウォーキングの違い。

サイクリングは、ウォーキング等と違い受ける風も多く気持ちが良いです。

有酸素運動にて長時間運動することによって効率良く汗をかき、気分もリフレッシュします。

サイクリングとウォーキングの違いですが、運動時間にもよりますがさほど違いは変わりません。

ゆっくりと時間をかけて長時間自転車を漕ぐので、ウォーキングと比較すると消費カロリーはどちらも似たような感じでしょうか。

ただ、サイクリングを考えている方は脚痩せを目的としている方が多いのかと思いますのでウォーキングよりもサイクリングを取り組んだ方が絶対的に効果があります。

例えば、少し早めに起床して自転車で通勤したり、普段有酸素運動に取り組む時間とは別に自転車に乗る時間を増やしてみるのも、より一層脚痩せ効果に期待ができると思います。

やろうと思えばどんなタイプの自転車でも運動は出来ます。(電動は例外ですが)

時間を有効活用するというのも大事なことですね!

まとめ

  • サイクリングは有酸素運動にて行う。
    有酸素運動で時間をかけてゆっくり取り組むことで効果の期待ができる。
  • サドルは低くせず、高め(つま先が地面に着くか着かないか)に設定して楽にペダルを漕げるようにする。
  • 足の親指付近をつかって漕ぐように意識する。
    これによって内側の筋肉を使う事で、より脚を引き締める事ができ美脚効果を得る事ができる。
  • 会社の通勤時なども自転車を使用し、時間を有効活用するのもあり。

 

以上、サイクリングで脚痩せを目指す。美脚作り!でした。

ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレーニング
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
Yabukiiiii.net

コメント